【学部解説】法学部で学べる内容について

Books on shelf with open book and judge gavel on teal background. Legal, juridical education. Jurisprudence studying, law theory. Vector illustration.

大学の法学部は、法律や政治について学ぶことができる学部で人気があります。実学なので社会に出てからも役立つため、文系の中でも人気が高い分偏差値が高いことも多くなっています。もちろんそれは傾向であり、他の人文系が高い学校もあるので一概には言えません。

学ぶことができる内容は、本人の選択や学科で比較的自由にえら選べる印象が強いです。法律といっても分野が広く、基本的な法律が必修科目でも、周辺的な法律は広く自由選択になっている場合は、自分の興味や将来の夢に合わせて選択できるので都合が良いです。政治系も同じような内容になっていることが少なくありませんし、学部内に政治系の学科が備わっている学校の場合は、両者の学科でまたぐように授業を受けられる仕組みになっていることも多いです。

将来の進路については、文学部などの直接的に役立つわけではないような学部に比べれば優秀な傾向にあります。これは、企業の側も即戦力とはいかないまでも、社会で役立つ知識を身に付けている学生に魅力を感じているからでしょう。また、実際に社会で活躍している人たちの中にも出身者が多く、それをよく知っている人たちがこの出身なら採用できるとして判断することも関係しているでしょう。