【学部解説】経済学部で学べることやメリット

Stock market and exchange. Candle stick graph chart of stock market investment trading. Stock market data. Bullish point, Trend of graph. Vector illustration

大学進学ではリベラルアーツ系の学部を選ぶ高校生がいる一方で、実践的な内容が学べる学部に進む人も多いです。実学志向が強い受験生に人気があるのは、少人数制教育で定評のある経済学部です。ゼミナールに所属して卒業論文指導や就職に向けたアドバイスを受けるのが、進学後に効率的に学ぶためのポイントです。マクロ経済学や経営学について学ぶことも大切ですが、就職に向けて必要な資格を取得するのが理想的です。学内で公認会計士試験の受験講座なども受講できるので、在学中に就職に役立つ資格を手に入れることも可能です。

しかし将来的に安定した環境で働きたい場合には、国家公務員や地方公務員を目指す方法もあります。公務員試験では政治や経済に関する科目も出題されるので、在学中に学んだ内容も十分に生かせます。一方で企業活動のグローバル化も進んでおり、在学中に語学のスキルを高めたいと希望する学生も多数います。学生向けの留学制度を活用して海外で学ぶと、国際的に活躍するビジネスマンに必要なノウハウも身につけられます。そして企業との連携に特徴のある授業にも参加して実践的な内容を学習するのが、希望する会社に就職するための最善の方法です。