学力以外も要素も重要。自分にあった予備校を選ぼう

pixta_33697982_S

大学受験生をサポートする予備校には様々な種類があるので、一人一人のタイプに合わせて選ぶ姿勢が求められます。特に高校在学中に合格を確定させたい場合には、現役に特化した教室を選ぶのが理想的です。現役高校生専門の教室であれば、受験指導と補習指導をセットで受けられます。最近では推薦入試で大学に進学する高校生も多く、学校の成績アップに直結した授業も人気が高まっています。学校の教科書に合わせた補習指導とテスト直前特訓を併用すると、指定校推薦に必要な成績も容易に確保するできます。

しかし高卒生に適しているのは、学力と受験校に合わせて最適なコースが選べる教室です。上位の私立大学向けのコースや中堅レベルの私大文系のコースなども完備している教室であれば、目的に合わせて効率的に必要な内容を学べます。またトップレベルの受験生がとりわけ積極的に活用しているのは、大学別の英語や数学の単科コースです。問題の難易度や出題傾向が違うので、特定の大学に特化した授業に参加するメリットは大きいです。そして偏差値が高くて受験科目数も多い医学部の場合には、マンツーマン指導のコースを選ぶ必要があります。質の高い講師から一対一の指導を受けると、数か月程度でも大幅に実力を高められます。