看護師になりたいのですが進学先について悩んでいます

pixta_38652874_S

高校卒業後の進路は、今後の人生を左右するかもしれない大切な選択です。もちろん、社会人になってからやりたいことを始めることも可能ですが、早いに越したことはありません。

看護師を目指す学校を選ぶ

看護師になるためには、養成校で3年間必要な授業を修めねばなりません。その学校の卒業見込みを以て、看護師国家試験の受験資格を得ることが可能になります。看護師の養成校には、大学、短期大学、専門学校があります。このいずれかに通って、卒業見込みとなることで、国家試験の受験資格を得られます。最短3年とは言いましたが、

もちろん、4年生大学の看護学部の場合には、3年修了時で受験可能になることはありません。4年生大学の場合は、4年次の卒業見込みを以て受験可能になります。

その点では、短期大学や専門学校であれば3年制になりますので1年早く国家試験受験が可能です。つまり合格できれば1年早く看護師の世界にデビューできます。しかし、3年生の短期大学は減少傾向にあります。そのため、より幅広い選択肢の中から選ぶなら専門学校の方が良いでしょう。

スキルが身に就くのは専門学校?

また、実は看護師の世界では、現場の意見として専門学校出身の看護師の方がスキルが高いという話があります。あくまで個人のスキルの問題であり、必ずそのようなことはないのですが、これは新卒時の給与が4年生大学卒の方が若干高いことに由来しているのかと思います。いわゆるやっかみというか・・・。4年生大学を卒業された優秀な看護師さんはたくさんいらっしゃいますので。しかし、実習の量という点では、専門学校の方が圧倒的に多いのは確かです。

また、4年生大学の場合、看護の勉強に加えて、一般教養の授業も履修します。幅広い知識を身につけることができますが、看護の勉強のみに集中するのは難しいでしょう。その点、専門学校なら看護師として働くために必要な勉強のみを集中して学ぶことができます。知識や技術はもちろんのこと、看護師としての心構えなども学ぶことができるため、即戦力としての力を身につけられるのでしょう。

質のいい専門学校を選ぶことが大切

しかし、その量が自慢の専門学校でも、学校により授業の質というものは違うので、どこでも行けばいいというものではありません。例えば、専門学校の中でもこちらの看護専門学校であれば最新の設備が使えたり、医療の現場で学んだりする機会も多く、ダントツで質の高い授業を受けられる専門学校といえるでしょう。CMでも見かける大手の専門学校であるため、学生数も多く、OB・OGもたくさんいらっしゃいます。また、医療系総合専門学校ということで看護師以外にも医療従事者にOB・OGがいますので、かわいがってくれる先輩に恵まれる機会も多いことでしょう。

4年間のキャンパスライフを楽しみながら看護師を目指すのであれば4年生大学がいいでしょうし、実力を磨き、最短で現場デビューを目指すのであれば専門学校がいいでしょう。方向性が決まったら、どこの学校がいいのか比較検討してみましょう。自分にとって一番メリットがありそうな学校を選ぶのがポイントかと思われます。

今のうちからできる対策

目指す学校が決まったら、後は対策するのみです。大学、専門学校で入試試験の方法や見られる点が変わりますので、目指す学校に合わせて対策を行いましょう。

【大学の対策】

まず、大学の対策です。大学に進学して看護師を目指す場合、看護学部や看護学科を目指すことになります。近年、看護学部や看護学科の人気が高まっており、目指す人が増えています。人気が高まるということは、倍率が上がり、合格難易度も高くなるということです。そのため、しっかりと対策を行う必要があります。

国立大学の場合、看護学部や看護学科は、共通テストの5教科7科目が必要です。国立大学独自の試験である2次試験では、英語、数学、理科が課される場合が多いです。

一方、私立大学の場合、共通テストは加味されません。学校独自の試験を受けます。課される科目は、英語が必須であることが多く、他は国語、数学、理科が選択となります。大学独自の問題は、大学によって出題範囲が大きく異なりますので、確認をしていきましょう。

国立大学私立大学では他にも、小論文や面接を行う大学もあります。普段の勉強に加えて、小論文や面接の練習もしておくことが大切です。

【専門学校の対策】

専門学校の入試試験は、専門学校によって大きく変わります。入試科目やレベルまで様々なので、早いうちに志望校を決め、その学校に合わせた対策を行うと良いでしょう。

専門学校の共通の特徴として言えるのは、筆記試験の難易度がそこまで高くないということです。難易度が高くないなら対策は必要ないと思わない方が良いです。難易度が高くないということは、必然的に合格に必要な最低の点数が高くなるということです。そのため、1つのケアレスミスが命取りになる、なんてこともあり得ます。勉強を疎かにせず、慎重に解く癖をつけておくと良いかもしれません。

専門学校の筆記試験は大事ですが、それよりもより重視されるのが、面接です。専門学校の場合、面接試験を設けている学校が多く、大学に比べて人物重視で選考が行われます。なぜ看護師を目指すのか、看護師になって何をしたいのかなど、自分の気持ちを伝える練習が必要です。

このように、看護師を目指すには大学、専門学校を選ぶことができます。どちらが自分に合っているのか、オープンキャンパスなどに積極的に足を運んで、確かめて見てくださいね。

更新日:2022/04/01