英語が上達しません。どうしたらできるようになるでしょうか?

A little kid studying English words laying out the cards.

日本人は英語が話せないと言われます。これは事実その通りで、英語をまさに学習中のはずの高校生、大学生が聞き取れない・話せないという事態になっています。いったい、どうしてこんな事になっているのでしょうか。

日本人は、英語が「できない」のではなく、「話せない」のです。これは、学校で教わる勉強が読む、書く能力ばかりのため、実際に語学を運用する機会が極端に少ないためです。その証拠に、日本の学生は聞く、話す能力に比べて、読み、書きの能力はかなり高いレベルに達しています。しかし、これではせっかくの語学学習もあまり意味がありません。

使える語学を習得したい場合は、実際に自分で話して見るのが一番の方法です。とはいえ、身近に外国人の知り合いのいる人はそういないために、もっと効率良く、手軽にできる勉強法に変えることで補う必要があります。
それは、音読です。これにより、耳と口の両方を同時に鍛錬することができ、さらに文法や単語の知識も身につきます。大切なのは、参考となる音声をしっかりと聞き込み、それを口調や抑揚、発音まで真似してみることです。教材は何でもよく、お気に入りの海外ドラマや、映画、洋楽でも構いません。

まずは、英語を話すことになれることが、上達への大切な基礎作りになります。